残業代請求するなら

労働基準法改正ポイント

時間外労働の限度に関する基準の見直しに関するポイント

「時間外労働の限度に関する基準」が改正され、労使当事者は限度時間を 超える時間外労働に対する割増賃金率を引上げる努力をするように表記されています。

法定割増賃金率の引上げに関するポイント

月60時間を超える法定時間外労働に対して、使用者は50%以上の率で 計算した割増賃金を支払わなければなりません。


法定割増賃金率の引上げ分の割増賃金の代替休暇に関するポイント

引上げ分の割増賃金の代わりに有給の休暇を付与する制度(代替休暇)を 設けることができます。

時間単位年休取得に関するポイント

労使協定により年次有給休暇を時間単位で付与することができるようになります。


最新記事

2010年3月28日
「今日は午後3時から有給で早退します」など、有給休暇が時間単位に

労使協定により年次有給休暇を時間単位で付与することができるようになります。 改正労度基準法では、年次有給休暇を有効に活用して、仕事と生活のバランスをとれるように、「時間単位」での年次有給・・・

2010年3月27日
退職しても残業代を請求できる?

退職後も残業代は請求できるのでしょうか?その答えはもちろん「Yes!」です。残業代は労働によって支払われるべきものであり、その権利は、会社を退職しても無くなりません。労働債権の時効・・・

2010年3月24日
正社員・正職員の残業問題

「残業問題」としてまず頭に思いうかぶ「サービス残業」。「サービス残業」が周知に知れ渡りながらも、なくならないのはなぜでしょう。 時間外労働をしたのにもかかわらず・・・

Q会社側に残業代を請求することは可能でしょうか?

Aこのケースですと、いわゆる「名ばかり管理職」に該当すると考えられますので、残業代を請求することができます。 会社側は、残業代を節約するために、質問者に管理職というポストを与えたとも考えら...

Q研修は労働時間に含まれないのでしょうか?

A研修も労働時間に含まれます、よって会社側は、研修に参加した時間分の労働賃金を従業員に支払う義務があります。 会社側の明確な指示のもと...

Qこんな場合、残業代は請求できませんか?

A会社側からの時間外労働業務に関する明確な命令や指示がなく、自己の判断で残業を行った場合、その残業代金を請求した際に、会社側に残業として認めてもらえるか否かについては...

即日借りれる消費者金融
今すぐ借りたいそんな時、頼りになる銀行系カードローンを比較。

俺のクレジットカードで最適カードを選ぶ
今すぐ借りたいそんな時、頼りになる銀行系カードローンを比較。

用語集

サービス残業・不払い賃金請求トラブル相談.comは、チーム・マイナス6%やクリック募金に協力し人道支援や環境保全活動を推進します。

気になるワードを検索!

賃金を学ぶ

雇用契約を知る

時間の問題

残業代を請求する