労働審判の手続き

TOPページ > 労働審判とは > 労働審判の手続き

労働審判の手続き

労働審判制度(労働審判手続き)について具体的に説明しましょう。


労働審判手続きの場合、申立てから結論まで3~4カ月で終了させます。通常の裁判では1年程度かかっていた事から考えても格段の早さと言えます。
その為、申立人にも、きちんとした事前準備と、的確な主張、立証をすることが求められていますので、専門家である弁護士に相談することが望ましいでしょう。


労働基準法改正ポイント

時間外労働の限度に関する基準の見直しに関するポイント

「時間外労働の限度に関する基準」が改正され、労使当事者は限度時間を 超える時間外労働に対する割増賃金率を引上げる努力をするように表記されています。

法定割増賃金率の引上げに関するポイント

月60時間を超える法定時間外労働に対して、使用者は50%以上の率で 計算した割増賃金を支払わなければなりません。


法定割増賃金率の引上げ分の割増賃金の代替休暇に関するポイント

引上げ分の割増賃金の代わりに有給の休暇を付与する制度(代替休暇)を 設けることができます。

時間単位年休取得に関するポイント

労使協定により年次有給休暇を時間単位で付与することができるようになります。


サービス残業・不払い賃金請求トラブル相談.comは、チーム・マイナス6%やクリック募金に協力し人道支援や環境保全活動を推進します。

気になるワードを検索!

賃金を学ぶ

雇用契約を知る

時間の問題

残業代を請求する