支払督促

TOPページ > 用語集 賃金編 > 支払督促

支払督促

支払い督促とは仕事上、残業代や給料・交通費等かかった費用を
相手に請求することができる督促のことです。
支払督促の手続きは比較的簡単に行え、お金を請求する相手方が住んでいる
住所の管轄下の裁判所に所定の書類を記入し提出するだけです。
通常の訴訟のように審理・裁判する過程を経なくて良いので、
簡略的に手続きを行う事ができます。(通常、請求する金額は多額な値になると
思いますが、この手続きは約1万円前後です)

裁判所から相手方に郵送されるものは督促状で、内容証明郵便のような
郵便局の書簡とならないので相手にはかなりのプレッシャーとなります。
また支払督促の開始から2週間、相手からの異議の申し立てが無いとき
仮執行宣言の申立の手続きとなり、それに対しても異議申し立てが無いときは強制執行となり、
強制的に相手側の財産を差し押さえることができます。

また一番、気を付けなくてはならない点は相手が異議申し立てを行った場合、
通常の訴訟に移行されるという事です。相手側が支払いの義務を認識した上で
支払いが滞った場合は有効となりますが、相手側が支払い義務を
根本的に否定する主張となった場合は通常の訴訟となる形になります。

また相手側が支払うべき財力が無い場合、強制執行をしても無駄となってしまうので
相手側の資産を見極め、支払い督促を行わなくてはならない事を留意しなくてはなりません。


労働基準法改正ポイント

時間外労働の限度に関する基準の見直しに関するポイント

「時間外労働の限度に関する基準」が改正され、労使当事者は限度時間を 超える時間外労働に対する割増賃金率を引上げる努力をするように表記されています。

法定割増賃金率の引上げに関するポイント

月60時間を超える法定時間外労働に対して、使用者は50%以上の率で 計算した割増賃金を支払わなければなりません。


法定割増賃金率の引上げ分の割増賃金の代替休暇に関するポイント

引上げ分の割増賃金の代わりに有給の休暇を付与する制度(代替休暇)を 設けることができます。

時間単位年休取得に関するポイント

労使協定により年次有給休暇を時間単位で付与することができるようになります。


サービス残業・不払い賃金請求トラブル相談.comは、チーム・マイナス6%やクリック募金に協力し人道支援や環境保全活動を推進します。

気になるワードを検索!

賃金を学ぶ

雇用契約を知る

時間の問題

残業代を請求する