小額訴訟

TOPページ > 用語集 賃金編 > 小額訴訟

小額訴訟

裁判社会と呼ばれているアメリカに比べますと、日本は訴訟に関して
あまり馴染みになる事柄ではありません。訴訟を想像すると長い期間や高い費用、
難解な裁判と考えがちです。裁判や訴訟と聞くと確かに敷居の高いものであると
想像しがちですが、争う内容が金銭の場合、小額訴訟という便利な制度があります。
法律の専門家に相談しなくても簡易裁判所の訴状用紙に記入するだけで行うことができるのです。
通常の訴訟のように長期間の時間が掛かるわけではなく、
1日で判決が下る簡単な手続きとなります。
手続きにかかる費用も数千円で済み、通常の裁判のように掛かる費用が高すぎて
泣き寝入りするという事もありません。

また、手続きの具体的な方法に言及すると会社側の住所管轄化の簡易裁判所に行って、
所定の用紙に必要事項を記入し、その内容が小額訴訟に値すると判断された場合
相手側に裁判所から訴状が送られる運びとなります。
そして、勝訴し相手が支払いを拒否した場合、強制執行となり相手側の財産を強制的に
取り立てる事となります。

小額訴訟というだけあって争えるのは金銭に限定したものになり、
請求できる限度額も60万円以内となります。また訴訟における証拠は
1日で裁判できるという背景から、その日に確認できる簡易的なものと限定されます。


労働基準法改正ポイント

時間外労働の限度に関する基準の見直しに関するポイント

「時間外労働の限度に関する基準」が改正され、労使当事者は限度時間を 超える時間外労働に対する割増賃金率を引上げる努力をするように表記されています。

法定割増賃金率の引上げに関するポイント

月60時間を超える法定時間外労働に対して、使用者は50%以上の率で 計算した割増賃金を支払わなければなりません。


法定割増賃金率の引上げ分の割増賃金の代替休暇に関するポイント

引上げ分の割増賃金の代わりに有給の休暇を付与する制度(代替休暇)を 設けることができます。

時間単位年休取得に関するポイント

労使協定により年次有給休暇を時間単位で付与することができるようになります。


サービス残業・不払い賃金請求トラブル相談.comは、チーム・マイナス6%やクリック募金に協力し人道支援や環境保全活動を推進します。

気になるワードを検索!

賃金を学ぶ

雇用契約を知る

時間の問題

残業代を請求する