歩合給

TOPページ > 用語集 賃金編 > 歩合給

歩合給

歩合給とは商品の販売量・売上高に沿って支給される給与体系のことです。
通常の給与とは異なり、商品の販売量・売上高に依るため会社側としては
リスクを最低限抑えられる支出となります。
一方、労働者から見れば給料が0円になる可能性がありますが、
成果報酬のため莫大な賃金を獲得する機会もあります。
一般の仕事として歩合給を例えるならば、外交員や販売員、タクシー運転手が
当てはまる事となります。仕事量と各労働者の能力が連動するため
公正な給与形式となりますが、各労働者が短期的な成果に走る傾向があるため
顧客志向を失うというデメリットも存在します。

上記の様な労働形態をフルコミッション(完全歩合制)と呼びますが、
フルコミッションでの雇用契約は法律違反となります。
労働基準法第27条(出来高払制の保障給)「出来高払制その他の請負制で使用する労働者については、
使用者は、労働時間に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない」
という法的拘束力があります。フルコミッションで労働者と契約を結ぶときは、
業務委託という形を取らなくてはならない制約があります。

要するに雇用契約にフルコミッションを適用する場合は、一定の固定給の上に加算して
複合的な給与体系にする必要があります。以上のような固定給と歩合給の複合的な
給与体系は労働者を保護し、労働者の生活を安定させ、
それをベースに歩合給によって各労働者の仕事に対するモチベーションを向上させる
役割を果たす事となります。


労働基準法改正ポイント

時間外労働の限度に関する基準の見直しに関するポイント

「時間外労働の限度に関する基準」が改正され、労使当事者は限度時間を 超える時間外労働に対する割増賃金率を引上げる努力をするように表記されています。

法定割増賃金率の引上げに関するポイント

月60時間を超える法定時間外労働に対して、使用者は50%以上の率で 計算した割増賃金を支払わなければなりません。


法定割増賃金率の引上げ分の割増賃金の代替休暇に関するポイント

引上げ分の割増賃金の代わりに有給の休暇を付与する制度(代替休暇)を 設けることができます。

時間単位年休取得に関するポイント

労使協定により年次有給休暇を時間単位で付与することができるようになります。


サービス残業・不払い賃金請求トラブル相談.comは、チーム・マイナス6%やクリック募金に協力し人道支援や環境保全活動を推進します。

気になるワードを検索!

賃金を学ぶ

雇用契約を知る

時間の問題

残業代を請求する