未払い賃金の立替払い

TOPページ > 用語集 賃金編 > 未払い賃金の立替払い

未払い賃金の立替払い

このご時世で働いていた会社が倒産する事は、多々おきるべき事なのかもしれません。
そのような場合は労働者にとって給料の保証をしてくれるのかが悩みの種になります。
会社が倒産した場合、会社を再建をするのか、または給料を清算するのかの2択になると思われます。

再建の場合は労働者は労働組合を通して再建計画を綿密にチェックし、
今までの給料は保証されるのか、今後リストラを行うのかという労働者側に立った
利益を守る手順を会社側と交渉する段階に入ります。

清算する決定を下した場合は、未払いの賃金や退職金の算出を行い、
労働組合が弁護士を立て会社経営者や管財人との交渉を経る形となります。

未払い賃金や退職金といった労働債権は民法や商法では一般債権に比べ
優先的に支払われる権利として認められています。ただし、何もしないで
支払われるという事ではありませんので、労働組合を通し徹底的に交渉しなくてはなりません。

そして、この経過を経て会社側が未払いの賃金を処理できない事由が発生したときに、
国が代わりに立替えて支払う制度、これを「未払い賃金の立替払い」と呼ぶのです。
あくまでも労働者保護の観点で行う制度なので、この不況下で経営者が
労働者の権利を守らなくてはならない、という点では重要視すべき制度といえます。


労働基準法改正ポイント

時間外労働の限度に関する基準の見直しに関するポイント

「時間外労働の限度に関する基準」が改正され、労使当事者は限度時間を 超える時間外労働に対する割増賃金率を引上げる努力をするように表記されています。

法定割増賃金率の引上げに関するポイント

月60時間を超える法定時間外労働に対して、使用者は50%以上の率で 計算した割増賃金を支払わなければなりません。


法定割増賃金率の引上げ分の割増賃金の代替休暇に関するポイント

引上げ分の割増賃金の代わりに有給の休暇を付与する制度(代替休暇)を 設けることができます。

時間単位年休取得に関するポイント

労使協定により年次有給休暇を時間単位で付与することができるようになります。


サービス残業・不払い賃金請求トラブル相談.comは、チーム・マイナス6%やクリック募金に協力し人道支援や環境保全活動を推進します。

気になるワードを検索!

賃金を学ぶ

雇用契約を知る

時間の問題

残業代を請求する