労働審判制度

TOPページ > 用語集 その他 > 労働審判制度

労働審判制度


経営者と労働者の紛争をスピーディに執り行う労働審判制度をご紹介いたします。
法律の成立と改定が目まぐるしく行われる昨今ですが、より迅速に裁判が行われるように
労働審判制度を規定する労働審判法が平成16年4月28日に成立されました。
成立の背景としては不況の最中、厳しい経済・雇用情勢が続く環境でリストラ等の
問題が多く発生しました。また、企業の労務管理の多様化や
就業形態・就業意識の多様化が進展しこの状況下の中、労働者と経営者の労務に関する
裁判が激増する問題が発生しました。その背景で労働紛争の機能的、
迅速的な解決を裁判で執り行われるように労働審判制度が成立しました。

この労働審判制度の内容は労働者と経営者が労働関係民事紛争に関して、
地方裁判所において、裁判官と労働審判員で構成される労働審判委員会が
迅速な手続きを行い、話し合いや調停を試み、その経過で解決とならない場合は
一定の法的拘束力ある結論として(労働審判)を行う運びとなります。
話し合いを基本としていますが、結論が出ないときは法的拘束力のある結果を出す
手続きとなります。

この労働審判制度は、従来の時間が掛かる裁判の特色から敬遠されがちなイメージを払拭し、
労働者側が比較的気軽に申立を行うことができるようになった事が特徴です。
また、経営者側も短期間の裁判により低コストで紛争解決を行えるようになったのが特徴です。


労働基準法改正ポイント

時間外労働の限度に関する基準の見直しに関するポイント

「時間外労働の限度に関する基準」が改正され、労使当事者は限度時間を 超える時間外労働に対する割増賃金率を引上げる努力をするように表記されています。

法定割増賃金率の引上げに関するポイント

月60時間を超える法定時間外労働に対して、使用者は50%以上の率で 計算した割増賃金を支払わなければなりません。


法定割増賃金率の引上げ分の割増賃金の代替休暇に関するポイント

引上げ分の割増賃金の代わりに有給の休暇を付与する制度(代替休暇)を 設けることができます。

時間単位年休取得に関するポイント

労使協定により年次有給休暇を時間単位で付与することができるようになります。


サービス残業・不払い賃金請求トラブル相談.comは、チーム・マイナス6%やクリック募金に協力し人道支援や環境保全活動を推進します。

気になるワードを検索!

賃金を学ぶ

雇用契約を知る

時間の問題

残業代を請求する